女性の尿失禁

Pocket

女性の尿失禁は出産と更年期障害が密接に関係しています。
女性の体の作りからわかるように尿道が短くなっています。
そのため、男性よりも女性の方が尿失禁の悩みを感じるのです。
また、更年期障害によって体内のホルモンのバランスが崩れて、神経の働きが悪くなる場合もあります。
切迫性尿失禁では尿が溜まっていなくても強い尿意を感じてしまいます。
そのためトイレが間に合わなくなるのです。
尿道をしっかりと塞ぐことができなくなってしまうのです。
ただ、尿失禁は男性でも女性でも同じように起こります。
若い女性でも出産直後や妊娠中に尿失禁を起こしてしまうことがあります。
これは尿道が開きやすい状態にありますから、必要以上に気にしてはいけません。
悩みの元にはならないのです。
インターネットで調べてみると女性のためのアドバイスがたくさんあります。
多くの人が悩んでいますから、多くの情報があるのです。
それらをしっかりと読んで、適切な対応をしましょう。
必要なら泌尿器科で診察してもらうこともできますが、自宅で自分なりにできることもたくさんあります。
そのためには自分がどのような尿失禁なのかを考えてください。
症状を正しく見極めなければ、誤った対処方法となります。
難しく考える必要はありません。
どのような時に尿失禁を起こすかを考えればいいのです。
筋力のトレーニングやトイレを我慢することだけでもかなりの効果があります。
尿失禁が大きな悩みになっているなら、早目に病院で診察をしてもらいましょう。

コメントは受け付けていません。