尿失禁と病気

Pocket

尿失禁は年齢とともに症状が現われるため、老化現象の一つと考えている人も少なくありません。
ただ尿失禁が悩みとなっている人は何とかして改善したいと思っています。
具体的にどうすれば悩みが解消されるのでしょうか。
まず、考えなければならないことは尿失禁が何らかの病気の兆候であるかどうかを確認することです。
病気が原因であればその病気の治療をしなければなりません。
男性と女性では同じ尿失禁でも症状が異なります。
それは性器の構造が大きく異なっているからです。
また、子どもの尿失禁と高齢者の尿失禁も全く違います。
症状としては同じだとしても、原因は異なるのです。
女性の場合は出産が大きく関係しています。
抗年始障害もあります。
これに対して男性は前立腺肥大などが影響します。
膀胱に余分な刺激を与える要因や尿道を絞めつけるためのメカニズムが異常になっている場合に尿失禁となるのです。
腎臓や尿道、膀胱に関する病気で尿失禁が起こることが少なくありません。
自分が尿失禁の悩みを持っているなら、まずは泌尿器科などで診察をしてもらいましょう。
特別な病気がなければ、その時にどのような対応ができるかを考えるのです。
もし病気が見つかったならば、その治療を優先しましょう。
泌尿器科に関する病気はたくさんあります。
また、重篤な病気の場合もあります。
腎盂腎炎、尿路結石、膀胱炎など尿意に関係する病気はたくさんあります。
日常生活に支障がなければ、悩みと言うほどのことはないかもしれません。

コメントは受け付けていません。