尿失禁の対策

Pocket

若い時に子どもを産んで、それからずっと尿失禁の悩みを抱えてきた女性は少なくありません。
その悩みはあまり人に言いたくないため、ずっと一人だけの悩みにとどまっていたのです。
しかし、現代では多くの情報がインターネットで提供されています。
尿失禁の悩みも適切な対策を取ることによって解消される場合があります。
まずは尿失禁の種類を見分けることです。
それには泌尿器科の診察を受けなければなりません。
そこで対策について説明されるでしょう。
腹圧性尿失禁の場合は骨盤底筋と呼ばれる尿を抑える筋肉が弱くなっているためにおきます。
そこで筋力を強くする体操を行います。
おなかを中心に行う体操ですが、いつでも気軽にできるように考えられています。
医師によって、やり方は若干変わりますが、基本的なことは同じです。
トレーニングを毎日続けていくことで症状は解消されます。
健康にもいいトレーニングですから、ずっと続けていきたいものです。
それから切迫性尿失禁は尿意を感じる神経が異常反応をしている病気です。
直接の治療には薬が必要になりますが、これも日々の訓練によってある程度まで症状を抑えることができます。
それは膀胱訓練です。
排尿記録を付けてトイレに行った回数をチェックします。
トイレを少しずつ我慢する訓練をします。
尿失禁が気になってしまい、トイレに行く必要がない時でも尿意を感じてしまうのです。
また多くの人が水分を抑えてしまう傾向にありますから、そのことが体調不良の原因につながるケースもあります。

コメントは受け付けていません。