尿失禁の注意

Pocket

自分が尿失禁だと思っている人は、毎日が悩みの連続です。
ただ、一口に尿失禁と言っても、その症状は人によってかなり違います。
何らかの病気であり対処しなければならない場合と、日常生活には支障がないけれど自覚症状として気になっている場合があります。
また、尿失禁の裏に実は重大な病気が隠れている場合もあるのです。
このように考えると尿失禁を軽く考えることはできません。
まずは泌尿器科で診察を受けましょう。
一般に尿失禁とは自分の意識とは別のタイミングで尿が漏れることを言います。
その程度は様々です。
ごく少量の場合は下着にわずかの痕跡が残る程度ですが、それでも自分には強く感じられます。
そのことが大きな悩みとなるのです。
年齢とともに尿失禁の症状が出やすくなりますから、ある程度は避けられないと考えておかなければなりません。
尿失禁に絡んで重大な病気が隠れていないかを知ることが重要です。
男性も女性も尿失禁は恥ずかしいことだと言う意識が強いため、自覚症状があっても泌尿器科を受診することはありません。
しかし、現代ではインターネットによる悩み相談などが普及していますから、その中から情報を収集することができます。
自分の症状を他の人も感じているかを知ることで、特別な病気なのかを判断することができます。
ただ、それだけですべてがわかるわけではありませんから、放置しておくことは避けるべきです。
恥ずかしい気持ちがあっても、それで悩みが解決しないのですから、何らかの対策を考えなければなりません。

コメントは受け付けていません。