尿失禁の自己チェック

Pocket

尿失禁での悩みは病院に行けば解消されるのでしょうか。
女性の方が尿失禁になることが多いのですが、それでも病院で相談するのはちょっとと考えてしまいます。
そこで悩み解消の手助けとして自己チェックをしてみましょう。
非特に尿失禁と言っても、その症状は人それぞれで異なっています。
どのような状況で尿失禁となるのでしょうか。
咳やくしゃみをした時、重いものを持ち上げた時でしょうか。
それともトイレに行きたいと思ったけれども間に合わなかったのでしょうか。
または、夜中に目が覚めると尿失禁をしていたでしょうか。
それぞれは原因が異なります。
病院で医師に質問される前に自分でよく考えてみましょう。
もちろん、毎回同じパターンとは限りません。
夜中に何回トイレに行くでしょうか。
トイレの頻度はどれくらいでしょうか。
トイレが近いと不安になるので、外出や旅行に支障が出ていませんか。
いつも尿意を感じていませんか。
尿失禁は尿が漏れてしまうことで数が、膀胱周辺の病気では排尿時に痛みを感じることもあります。
また、トイレに行ったのに残尿感がなくならない人も少なくないのです。
これらの症状の違いを明確にしておけば、医師の診断がスムーズになります。
もちろん、自己チェックだけで悩みが解決するわけではありません。
治療は短期間で終わらないと思ってください。
どの症状でも長期的な治療を続けなければなりません。
筋肉の衰えによる場合、神経の異常による場合などいくつかの典型的な尿失禁があります。

コメントは受け付けていません。